【ななみ整骨院とサーフィンの繋がり】

皆様こんにちは。ななみ整骨院グループ総院長の加藤です。

今回はななみ整骨院グループとサーフィンとの関わりや、サーフィンに関するケガや治療、予防に関するQ&Aなどについてお話ししたいと思います。私自身もサーフィン歴約30年近くのオールドサーファーですが、サーフィンの良いところは若い世代から年配世代の方々まで年齢にあった楽しみ方が出来るのが魅了ではないでしょうか。10代20代の頃はサーフボードも薄く先の尖った板をバンバンと波に当て込み、飛んだり跳ねたりしていました。30代になるとやや厚みがあり浮力系のボードへシフトし、40代になってからはボードの先が丸まった浮力系ボードでフィッシュテールのツインフィンに乗り始め、サーフィンステイルも“ガツガツ”からクルージングを楽しむようなスタイルへと変化しています。私の出身は東京でしたが湘南の魅力に魅せられ「開業するなら海の近く」といった強い想いから平成14年に藤沢北口にななみ整骨院を開業致しました。名前も「海」にちなみ7つの海をイメージした「ななみ整骨院」にしています。どんなに仕事が忙しく身体が疲れても、海に入り大自然に触れる事で心も体も癒されるのがサーフィンではないでしょうか。この先もまだ挑戦していないロングボードやサップボードが控えているので、今後の自分自身のサーフィンライフや、ななみ整骨院とサーフィン関わり方を楽しみにしています。

【サーフィンのケガについて】

ななみ整骨院※1には年間を通して多くのサーファーの皆様が来院されます。来院される理由も色々とありますが、やはりその中でも1番多い来院理由は「サーフィン中のケガ」によるものです。統計を取ってみると下記のようになります。

サーフィン中のケガ

  • 1位 頸部捻挫(むち打ち症)
  • 2位 腰部捻挫(ぎっくり腰に近い
  • 3位 肩の捻挫
  • 4位 膝関節捻挫/靭帯損傷
  • 5位 肋骨挫傷/胸部打撲(体幹をひねる)

こうして見てみると首・肩・腰のケガが多いことがよく分かりますよね。実際にはワイプアウト時やテイクアウト後に、板から落ちる際に首や腰を捻ったり、胸部を打撲する方が多く見受けられます。大切なことは「ケガを放って置かない」ことが重要です。ななみ整骨院ではスポーツ中のケガであれば全て保険適応となり(一部条件を除く)、適切な治療が保険範囲内で受けることも可能です。

特に首や腰、膝などの大きな関節をケガした場合には必ず治療を受けてください。今は良くても必ずと言って良いほど後から「後遺症」となり現れ、楽しいサーフィンライフに水を差すような事にも成りかねません。ななみ整骨院ではリハビリをはじめ、電気治療、温罨法、マサージやストレッチ、骨盤背骨矯正など駆使し、ケガを治すだけではなく「ケガをする前よりも身体パフォーマンスの向上」や、予防の観点からも「ケガをしにくい身体作り」に力を入れています。

【サーファーの首の痛みと腰痛】

多くのサーファーにはケガ以外にも“持病”にも似た「首の痛み」や「腰痛」の症状があります。サーフィンという競技の特性上、長時間ものあいだ海に浸かる事で首や腰が冷え、血行の悪さから極端な筋緊張や筋疲労が首や腰の痛みを誘発します。

また“パドル”や“テイクオフ”の姿勢では「背骨」を極端に反るため、やはり首や腰には相当の負担が掛かってしまいます。普段から腰痛などの症状があれば海に入ることで身体は冷え更に痛みが増すこともざらにあります。ななみ整骨院でも「サーフィンは続けたいけど腰がもたない・・・」「首まわりが冷えてくると手がしびれて力が入らない」などの相談も多く受けます。

“サーフィンは各世代(各年齢?どちらですかね)に合わせた楽しみ方がある”と話しましたが、サーフィンを辞めていく理由の中にはこの様な「身体の痛み」が原因の1つであることは事実です。 しかし!諦める必要は全くありません!日頃からほんの少しで良いので身体のケアをすることで「首の痛み」や「腰痛」を無くすことは可能なのです。ななみ整骨院ではサーファーのための治療や骨盤矯正、ストレッチ、マッサージ法などを用いて、痛みの予防などにも力を入れています。

【サーファーのパフォーマンス向上】

ななみ整骨院グループでは単に痛みを取るだけではなく、スポーツにおいて「より早く」「より力強く」「より正確に」と言ったような身体機能向上のためのプログラムも用意しています。皆さんは“イメージは出来ているけど思ったように体が動かない”などといったような経験はありませんか?ななみ整骨院ではそのような「心」と「体」の動きのギャップを埋めるために“身体パフォーマンス向上プログラム”にも力を入れています

<身体パフォーマンス向上の3ポイント>

  • 関節可動域の改善
  • 柔軟性の改善
  • 筋力アップ

人間の骨格は約200の骨と約400の筋肉で構成されています。骨と骨の接合部分を「関節」といい、関節は筋肉の収縮によって動きます。このメカニズムが正常に行われない時に身体的なパフォーマンスは低下すると思われます。

関節可動域の改善

年齢的な変化や、極度の筋緊張による柔軟性の低下によって関節の動きは制限されてしまいます。また「姿勢」が歪むことによって筋肉や関節に過度の負担がかかり、結果として思うように関節が動かなくなる事もあります。

<改善アプローチ>

  • 背骨/骨盤矯正法や
  • 整体マッサージ
  • 関節可動域訓練
  • ストレッチ、PNF

柔軟性低下

「スポーツや筋トレはするけどストレッチはあまりやらない」この様な方は以外と多いのではないでしょうか。筋肉は使い過ぎによる疲労や偏ったトレーニング、加齢によっても柔軟性が低下します。関節の動き同様に骨盤や背骨の歪みからくる「姿勢の悪さ」でも筋肉は硬くなってしまします。

<改善アプローチ>

  • 骨格調整
  • 骨盤矯正
  • EMS治療
  • 整体マサージ等

筋力アップ

ななみ整骨院では身体的なパフォーマンスを向上させるために“インナーマッスルの強化”を推奨しています。近年プロスポーツ選手の間でも多く取り入れられている方法で、いわゆる骨格筋=体幹の強化を目標にしています。ななみ整骨院では筋力トレーニングの補助として高機能EMS高周波を用いて鍛えたい筋肉へピンポイントにアプローチを行います

<筋力UPアプローチ>

  • 高機能EMS高周波