BLOG_NEWS

手首の痛み

2019年11月21日

こんにちは。ななみ整骨院本鵠沼の西川です。

今回の症例報告は手関節の痛み、特に「TFCC損傷」についてです。

以前来院された患者さんでテニスでボールを打ち返した際に手首を痛めたという症状でした。

状態を確認したところTFCC損傷でした。皆さんは聞いたことがないと思われます。

症状としては手首を小指側に曲げたり、手首を捻る動作で小指側の手首が痛くなってしまいます。

腕には2本の骨があります。親指側が橈骨で小指側が尺骨です。手のひらにもたくさん骨があり、それを手根骨といいます。その尺骨と手根骨の間に三角線維軟骨複合体という軟骨があります。

「tfcc損傷」の画像検索結果

急激に手首を捻ったことで軟骨を痛めてしまい炎症を起こしてしまったものをTFCC損傷といいます。

手首をよく使うスポーツをする方に多く、特にテニスや野球などで診られます。

また、家事仕事や育児などで手をたくさん使う主婦の方でも起こります。これは、一回の大きな衝撃ではなく、毎日手を使うことで軟骨に繰り返し衝撃が加わったことで痛めてしまいます。

どちらも治療として炎症を取り除かなめれば痛みがなくなることがありません。なので、当院では「超音波」という特殊な電気をかける事で炎症を抑えていきます。そして、もう一つ炎症を抑えるのに必要なのが「アイシング」です。炎症では熱お帯びてしまう為、アイシングを行なうことで熱を抑えていきます。アイシングは自宅でも出来るので必ず行なって下さい。

そして、腕の筋肉が硬い事で手関節のところにある軟骨に負担がかかり痛めてしまいました。なので、腕の筋肉を弛めることで関節に負担がかからなくなります。

この症状は特に女性に多く診られます。放置していても良くなることはありません。しっかりと治療を行うことでテニスを思いっきりできたり、手を庇わず家事が出来ます。なので、少しでも気になったら早めにお越しください。

「tfcc損傷」の画像検索結果

※参考資料:出典Google



ななみ整骨院グループは新年度新卒者を募集しています。

・サーフィンが好き

・湘南地域で働きたい

・明るい職場で働きたい

・スポーツ外傷が診たい

随時見学を受け付けています。是非一度院の雰囲気を見に来てください。

 

URL:http://www.773happy.com

予約・問い合わせ │ 藤沢市の整骨院

ななみ整骨院

tel:0466-25-2322

採用担当まで