BLOG_NEWS

足底筋膜炎

2019年11月7日

こんにちは。ななみ整骨院本鵠沼の西川です。

今回の症例報告は「足底筋膜炎」です。

皆さんは歩いた後や走った後に足の裏が痛くなった事はありませんか。

足の裏には足底筋という筋肉が指から踵にかけて付着しています。

足底筋膜炎はこの付着部で炎症を起こしてしまったものをいいます。

では、なぜ炎症が起きてしまうのか。一番の原因は筋肉が硬いからなのです。

その状態でたくさん歩いたり走ったりすることで、衝撃が吸収しきれずに繰り返し付着部に負担がかかってしまいます。

また偏平足の方も起こりやすいのです。通常は足は弓のようなアーチがあることでクッションの役割を果たし衝撃を吸収してくれます。しかし、偏平足の方はそのアーチがない事で衝撃が吸収しきれずに結果筋肉に負担がかかり硬くなってしまいます。

そうすることで少しずつ炎症が起きてしまいます。発症初期は少し休めば痛みがなくなるので、皆さんは放置してしまうことが多いです。

しかし、痛みがなくなったからといって治った訳ではないのです。この症状はしっかりとした治療を行わないと何度も起きてしまうのです。

当院では炎症して痛みがある時期は超音波という特殊な電気治療を行なうことで早く炎症を抑えます。

そして筋肉の硬さを取るために手技治療に加えストレッチを重点的に行ないます。

ストレッチは足の裏だけでなく太ももやふくらはぎの筋肉も行なうことでより衝撃を吸収し負担がかからなくなります。

この症状は治療を早く行えばそれだけ早く良くなります。なので、気になったり少しでも不調を感じた時は早めにお越しください。

「足底筋膜炎」の画像検索結果"

※参考資料:出典Google



ななみ整骨院グループは新年度新卒者を募集しています。

・サーフィンが好き

・湘南地域で働きたい

・治療技術が学びたい

・スポーツ外傷が診たい

随時見学を受け付けています。是非一度院の雰囲気を見に来てください。

 

URL:http://www.773happy.com

予約・問い合わせ │ 藤沢市の整骨院

ななみ整骨院

tel:0466-25-2322

採用担当まで