BLOG_NEWS

肘内障

2019年6月9日

こんにちは!

ななみ整骨院 本鵠沼院の津田です!

先日、5歳児の子が“肘内障”で来院されました。

肘内障とは、

小学校に上がるまでの小児の子に起こりやすいもので

よく“肘が外れた”と言われるものです。

小児たちの身体は大人とは同じく未成熟なところが多くあります。

肘も骨の引っかかり部分がまだしっかり形成されておらず、

靭帯から外れやすくなっています。

ですので、急に手を引っ張ると脱臼のように

関節が全部は外れるわけではないですが

靭帯に引っかかった感じになります。

子供によっては、とても痛がり泣き叫ぶくらいの子もいますし、

意外に痛がらない子もいます。

特徴的なのは、痛い方の手を使わなかったり、

反対の手で押さえたりして使わなくなります。

引っ張った時になった際などは、

受傷機転がはっきりしているのでいいですが、

親の見てないところで転んで手を衝いた時になることもあり、

気が付いたら泣いてて手を使わなくなったなどの時は

他の怪我の恐れもあるので

「また肘が外れただけかな?」と思わずに

直ちに医療機関に受診して下さい。

1回なると、何回も繰り返す子も多いで、

特に気を付けて下さい。