BLOG_NEWS

ななみ整骨院とサーフィン

2019年5月16日

皆様こんにちは。
湘南を中心にグループ展開をする『ななみ整骨院』には多くのスポーツ・アスリートが来院されます。サーフィンとも強い絆があり先日は千葉の一ノ宮釣ヶ崎海岸で行われたサーフィンの国際大会、WSL主催QS6000ICHINOMIYA CHIBA OPENへオフィシャル・サポーターとして世界のトップアスリートの施術をしましたが、観戦に来た一般の方々にもアスリートと同じ施術を体験して頂きました。藤沢の地元では、ななみ整骨院グループは全ての院が湘南・鵠沼海岸海に近いこともあり毎日多くのサーファーの方々が来院されます。その中でよく受ける質問が「ななみ整骨院の名前は院長先生の名前ですか?」です。実は、、、院長先生の名前ではなく“海”が大好きだった創業者が『7つの海』からその名前をとって「ななみ整骨院」と名付けのが由来です。そんな、ななみ整骨院グループは湘南の自然や文化、サーフィンが大好きなんですよ。

最近ではサーフィン中の怪我や持病でサーフィンを楽しめないといった方が多く来院されます。
特に多い怪我やサーファーが悩む持病は

1. 腰痛
2. 膝関節捻挫(内側側副靭帯、半月板損傷)
3. 足関節捻挫
4. 肩関節痛
5. 頚部痛

実際にQS6000大会でも練習中の選手がワイプアウトによって腓骨(足首の骨)骨折の疑いで救急搬送されたくらいです。その場で処置にあたった植田院長と富先生がとても心配そうにしていました。楽しいスポーツですが海の中にも危険は潜んでいますので十分気をつけて下さい。
ななみ整骨院では実際にサーフィンをする先生達が多く在籍しているので、サーファーの怪我や身体の痛みに精通していることが強みです。普段気になる症状があれば是非ご相談ください。