BLOG_NEWS

ランナーズニー

2019年5月12日

こんにちは!

本鵠沼院の津田です。

先日、当院に膝の外側が痛いと訴えらている患者さんが来院されました。

階段ダッシュを行なった後から痛みが出たとの事でしたが、

日頃からトレーニングでランニングを良く行っておられており、

痛めた後もランニングを行なうと

その都度、痛みが発生しておられるとのことでした。

痛みの箇所を診てみると

膝関節の外側から上部の腸脛靭帯にかけて痛みを確認されたので

いわゆるランナーズニーと言われるものでした。

ランニングをされる方に多く発生するスポーツ外傷のひとつです。

走ることを繰り返すことで膝の関節を構成する

大腿骨の外顆と言われる骨のでっぱりと

骨盤の外側からから膝の外側まで繋がってくる腸脛靭帯という靭帯とが

走っているうちに擦れて摩擦を起こし炎症が発生してくるものです。

走っているのを繰り返しているうちは、その都度摩擦を繰り返すので

なかなか痛みが落ち着きません。

治療としては、超音波やアイシングとして炎症を抑えていくことと

腸脛靭帯自体の緊張を取っていく治療を行なっていくことで

疼痛が軽減して参ります。

膝の痛みでお困りの方は、

一度ななみ整骨院にご来院下さい。


☆お知らせ

ななみ整骨院グループは来年度新卒者を募集しています。

職場見学や就職に関する個別相談なども行なっているので、ご希望される方は “直接” ななみ整骨院採用担当までご連絡下さい。メールからの問い合わせも承ります。

ななみ整骨院

tel:0466-25-2322

採用担当まで

http://www.773happy.com/recruit/