BLOG_NEWS

手根管症候群

2019年5月10日

おはようございます!

藤沢市ななみ整骨院に植田です!

本日は快晴ですね☆

梅雨入り前の良い天気ですね!

大型連休が終え今週から仕事が始まった方も多くいますので、来院される方の症状が強くなっています。

少しでも違和感を感じましたら早めにお越し下さい!

本日はタイトルにあるように「手根管症候群」についてです。

主症状として

・親指付近の痺れ

・指先の痺れ

・つまみ動作がしにくい

・手関節の可動域低下

などが挙げられます。

特に多い症状が痺れです。

手根管症候群の痛みのメカニズムですが

下の図に書いてあるとおり靱帯が神経を押しつけてしまい痺れを誘発しています。

「手根管症候群」の画像検索結果

正中神経という神経を圧迫し親指、第2.3指の痺れを出します。

根本的な原因としては

・腕の筋肉の硬さ

・手の使いすぎ

・ホルモンバランスの乱れ

があります。

多くは手や腕の筋肉が緊張して靱帯に負担をかけながら沢山使うことで神経を圧迫させてしまいます。

治療法としては当院では手の症状でも身体の歪みやバランスをみて痛い部分のみではなく身体を「1」として全身から整えていきます。

自宅でのストレッチやアイシングも徹底してもらい痛みを取るようにしています。

手術といわれる方も多いようですが、手術をしなくても治っている方は沢山いますので

痛みが出ている方がいましたら早めに当院へお越し下さい!!

画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル