BLOG_NEWS

手根管症候群

2018年12月2日

こんにちは!

本鵠沼院の津田です。

先日、首からの影響で手に痛み・痺れがでるとお伝えさせて致しましたが、

先日本鵠沼院に同じように手に痛み・痺れ・握力低下を

訴えて来院された方がいらっしゃいました。

よくよく診させて頂くと、この方の場合は

“手根管症候群”といって、手首からの影響で症状が出現しておりました。

手根管とは、手首の骨と靭帯で囲まれたスペースのことで

この中を腕の方から筋肉や血管、神経がとおり、手の部分まで達しております。

ここの手根管で炎症を起こすと靭帯が肥厚し手根管が狭くなり

神経を圧迫してしまいます。

そうすると先の手に痛み・痺れ・握力低下といった症状が現れます。

よく手を使うお仕事の方や主婦の方によくみられます。

その症状が首からなのか、手首からなのかは、

ご自身では判断が難しいのですが、

特定のテスト法を行なうと明確に鑑別することができます。

手の痛み・痺れ・握力低下がある方は

是非一度ななみ整骨院にご来院下さい。


☆お知らせ

ななみ整骨院グループは来年度新卒者を募集しています。

職場見学や就職に関する個別相談なども行なっているので、ご希望される方は “直接” ななみ整骨院採用担当までご連絡下さい。メールからの問い合わせも承ります。

ななみ整骨院

tel:0466-25-2322

採用担当まで

http://www.773happy.com/recruit/